司法書士の試験勉強のポイントを抑えて合格しよう

司法書士の仕事内容はこう

司法書士の仕事内容は、法律に関する書類を個人や企業の依頼により作成や法律上の手続きを代行する事です。最も重要な業務は登記で、不動産登記は土地や建物の登記で法人登記は会社の登記です。不動産登記の場合は、誰が土地や建物の所有者なのかの登記を行います。商業登記は会社を設立する時に必要になる、書類を作成し手続きをします。裁判事務は、訴訟代理事務を簡易裁判所に限って弁護士と同様に行わないといけないです。簡易裁判所だけは、弁護士と同じ活動が可能です。

司法書士試験勉強の進め方

民法・不動産登記・会社法・商業登記・憲法と刑法と民訴等の順序で、司法書士試験の勉強は進めていく事です。1時間半はメインの学習を行い、残りの30分はサブの学習に当て1日2時間勉強をします。サブの学習では忘れそうな科目について、長い学習期間でも簡単に読めるテキストを読むようにすると知識を維持しながら進めていけます。勉強を始めて1から3年目はひたすら読み進めていくいき、六法で問題集の解説で出てきた条文を確認します。時間としては1日7時間を8ヶ月行い、仕事をしている場合は平日が1日5時間土日が1日11時間を8ヶ月勉強すると良いです。

司法書士の試験のポイント

司法書士の試験のポイントは、法律の分野の知識を細かく覚える事で法律問題が多く出題されるため問題が解けます。このためには、過去問を一周するようにします。しかし一周するとかなり時間がかかるため、コンパクトに過去問が一周出来るセットがあるのでそれを利用すると良いです。それを2週くらいしたら、抽出問題に取り掛かります。先に一周しておくと全範囲の知識が身に付くため、抽出問題が解けやすくなります。ベースになる知識は長期間記憶しておくと、過去問を解くときに覚え直す必要がないです。

司法書士の試験の合格率は、とても低いことが知られており、まずは万全に試験対策を立てることが成功の秘訣です。